新着情報

【家づくりコラム】③資金計画

2022.10.11

「資金計画」ちょっと、難しそうだけど大切なところのお話しになってきますね。

最近35年ローンが主流になってきているので 長い間お金的に拘束されてしまうことは逃れられない現実となってきています。

ローンと言う名の長い期間の拘束にすごく窮屈な感じがしますし、できるだけ余裕のある生活を送りたいもの。
当たり前のことですが、建物だけのお金をイメージしていてはいけませね。
 土地の事、税金のこと、生活費の事、将来の修繕費の事を考えたうえで
月々いくらの住宅ローンを払うことができるか?
それを計算してみることはものすごく大切なことです。

それから、自分はいったい、いくら銀行にお金を借りれるのか? と言う話にもなってきます。

自分の収入・家族の収入も含め将来収入の変動があっても返せて行ける金額を 計算しなければなりませんね。
難しく感じますが、ここは乗り越えなければいけません。

でも、私はいくら借りられるのか?よりいくらなら返していけるのか?が大事なような気がします。

住宅ローンに縛られて自分の好きなことに使えない・生活が続かないのはいくら大金が借りれたとしてもローンが返せないのではお話しになりませんね。

好きなことにお金を使うことへの欲求は大概の人は持っている感情です。
この自分の気持ちを大切にしてほしいのです。

では、どうすればいいのでしょか?
具体的なことは一人一人違いがありますのでぜひともこれはご相談頂ければと思いますので
ココでは一般的な事ですが書いていきたいと思います。

返済計画として

まず必要な成るのが頭金です 総予算の3割くらいと言われておりますね。

建物の費用の中に外溝費、別途工事費、家電・家具費用・通信工事費などが含まれてない場合があるので建築の契約をするときは必ず工事店さんに確認をするべきです。

その他諸経費や税金も掛かってくることもお忘れなく。

1、外溝費・別途工事費・家具・家電費用・諸費用や税金などは一体いくらかかるのか?

2、どの金融機関で住宅ローンを組むのか?

住宅ローンの選び方や利用方法によって後々返済が楽になったりきつかったりするのでローンはその特徴をよく把握してから自分に合ったものを選んでくださいね。
金融機関は新しいより良い情報も教えてくれることあるので活用の仕方によって 余裕のあるローンを組めることがあるからです。

先程の1、2 ココは重要な点です。把握しておくことと、自分に合った金融期間を選ぶことで総支払金額が変わってくるのでね。

次回は返済計画を踏まえたうえで購入資金を考えることをお伝えします。

なんだか、住宅雑誌みたいですが、、、、。次回をお待ちください。