新着情報

【家づくりコラム】⑬依頼先を決める

2022.10.11

皆さんは依頼先を選ぶ基準はどこに置いておられるでしょうか?
ネットでも依頼先を選ぶコツなど良く出ていますね。
依頼先選びはほんと慎重になってしまいます。

依頼先は大きく分けて3つあります。
1 ハウスメーカー
2 施工業者(工務店)
3 設計事務所(建築家)

依頼先選びでは信頼関係を築けるかどうかが大きなポイントなってきます。
それぞれの特徴を知ったうえで自分にはどこが合うか?よく考えた上で決めたいですね。
依頼先に簡単なスケッチや図面(有料の場合もあります)大まかな費用を出してもらって比較検討をしてみるのもいいですね。
上記のハウスメーカー・施工業者(工務店)・設計事務所は各各に特徴があるので下記に少し書いてみましょう。

ハウスメーカー
●土地探しから資金計画、アフターフォローサービスまで家づくりの全般にわたるサービスを行う
●「安心と保証を」皆さんに提供している
●独自の工法や規格部材を用いた合理的な設計と工事システムによって工期が短期間である
●間取りやデザインに制約があって仕様も決められた中から選ばなければならない
●特別なオーダーをすると割高になる傾向
●工務店と同様実際施工するのは外部の職人さんになります

地場工務店
●一般的には社長さんが営業と設計を兼ねて打ち合わせなど行います
●施工はお抱えの大工さんや外部の大工さん・設備屋さん等の職人さん
●家族経営の傾向が多く小規模ながら機動力があり、きめ細い対応ができる
自由設計 間取りや仕様を自由に選べる
●妥当な金額で家を建てれる
●工期はかかってもしっかりとした工事

設計事務所(建築家)
≪施工会社から独立した立場で設計と施工管理を専門的に行います。≫
●施工会社の選定や手配も行うのが普通です。(競争入札の手配などもされます)
●工事費以外の設計管理費用が必要で工事費の約8%~15%が目安になります
●話し合いを重ねてオリジナルな設計から行うため100%オーダーメードの住まいが手に入りやすい
●施工会社に属さない為厳しい施工のチェックを設計士が行ってくれる

いかがでしょうか?特徴を整理してみてみるだけでも、ハウスメーカー・地場工務店・設計事務所(設計士)だいたい絞られてきたのではないでしょうか?

まず自分は今どう生活したいのか?
一番の基準に持っていくことをお勧めします。
そして、そのお話しを聞いてくれる
自分の考えに賛同してくれる会社(担当者)と出会うのが一番だと私は考えます。

「ココはいいけどココはちょっと、、、。」選んだハウスメーカーさんや工務店さん・設計士さんが自分の中ではちょっと、、、、。と言うことがあります。
その「ここはちょっと、、、、。」を解決してくれるお依頼先を探し出す。出会う事です。

数ある依頼先の中から良い依頼先を選ぶのは少し難しいと感じます。

例えば基礎の部分や構造の部分がものすごくしっかりしていると言うアピールばかりで実際生活する家族の暮らしやすさを考えて設計してもらえるか?とかが苦手な依頼先さんも実際に存在します。
では、依頼先を決めるポイントを整理してみましょう。

1 自分の意見をちゃんと聞いてくれるか? 言いやすい相手であるか?
2 依頼の回答に対しNOが出た際に、ちゃんとした説明があるか?
2 対応が柔軟か?スピードがあるか?
3 信頼のおける職人さんに仕事をしてもらえるか?
4 価格が妥当な金額の提示であるか?
5 約束を守れるか? 

などがあげられます。

窓口の担当者と設計士そして、実際に施工をする業者が一体となって対応できる、信頼関係が築ける依頼先にお願いしたいものです。