新着情報

【家づくりコラム】㉔引渡し

2022.10.9

竣工検査が終わると、引き渡しの運びとなります。

先の検査の結果、補修・改善の必要があれば、その工事が終わり次第引き渡しとなります。

手続きが完了したら、カギを受け取ります。合わせて付帯設備の保証書、取扱説明書などの関係書類を受け取り、「不動産引渡し確認書」に署名・捺印します。
電気やガス、水道、電話などの開設を確認し、新居へ引越しです。いよいよマイホームでの生活がスタートします。
同時に、最終的な設計料のお支払や建築工事費用のお支払、追加工事のお支払の時期となりますので確認しておきましょう。

 

蛇足ですが、家ともの取扱説明のお仕事では、「引き渡し」に立ち会うことが多いです。この「引き渡し」、思った以上に時間がかかるケースがほとんどです。
施工業者さんからあらかじめ所要時間の案内があるとは思いますが、さらっと書類を確認して、サインをするだけでは終わりません。
これから住まわれる家について、ありとあらゆる商品、設備や機器の使い方、お手入れ方法や使用方法を確認したり説明をうけるのです。新しいことが盛りだくさんで、きっとあっという間に時間が過ぎますが、これから使用するおうちの設備なので、ポイントだけでもつかんでいただけると幸いです。
快適な暮らしを実現するために選んだものですので、末永く使用していただきたいと思いを込めて説明いたしますのでぜひ耳を傾ていただきたいです。